加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

営業日
月曜日~金曜日
9:00~20:00
※土日祝は原則お休みを頂いておりますが事前予約にて対応可能です。
営業エリア行政書士業務
札幌市、石狩市、小樽市、北広島市、千歳市、恵庭市、江別市、岩見沢市
居宅介護支援業務
札幌市、北広島市

プロフィール

岩見沢市出身。介護療養型の医療施設で3年半、通所介護で2年半、居宅介護支援事業所の管理者6年を経て行政書士を所得、 平成27年5月1日 行政書士 加藤真吾事務所を開業しました。今までに多くの認知症患者、利用者やその家族との関わりと悩みに携わった経験から言えば、 認知症となり、ご自身の判断能力の無くなる前に準備をしておくに越した事はありません。
しかし、判断能力が無いからと言ってあきらめる必要もありません。
この様な事を人に相談し、一歩踏み出すのに勇気が必要なのは理解出来ます。 将来のご自身やご家族の為に少しでも不安があるなら一度、一歩踏み出してみませんか?
このページをご覧になる皆様の、一人でも多くの方のお役に立つ事が出来れば幸いです。

加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

総閲覧者数
アクセスカウンター




TOPICS
□2017年4月11日 基準報酬額表を改定しました。
□2017年3月1日 一般社団法人LMWを設立しました。
□2017年2月21日 事務所を移転しました。
□2016年3月25日 「明日からの医療・福祉を考える会」を発足しました。
□2016年2月29日 ホームページを公開しました。

加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

行政書士とは、行政書士法第1条の2により
「他人の依頼を受け報酬を得て、 官公署に提出する書類、その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成する事を業とする。」 と規定されている国民と行政との橋渡しを担う国家資格者です。
煩雑な行政手続きや各種許認可申請等の作成提出代理を行う他、当事業所では成年後見制度や財産管理委任契約、 遺言・相続手続きや医療・福祉関係の法人設立関係、介護保険の指定居宅サービス事業者指定申請、各種補助金、 助成金の申請等のコンサルティングを中心に取り扱っております。
そして単に法務サービスを提供するだけではなく、 利用者と家族、患者と家族と支え、地域包括ケアを担う社会資源の1つとして各関係機関との広く親交する事務所を目指しています。



加藤真吾,office kato,一般社団法人LMW

居宅介護支援事業所とは、介護支援専門員(ケアマネジャー)が所属する事務所で、 自宅で生活される方に介護保険サービス、その他の社会資源を結び付け生活をコーディネートする事業所です。
介護支援専門員は介護に関する専門職で、一定期間の勤務経験を積み、受験資格が与えられる公的資格です。 介護保険を扱う立場にありながら感じますが、介護保険制度の度重なる制度改定により苦しんでおられる事業所や利用者も多く、 疲弊仕切っているのが現状ではないでしょうか?制度は守らなければなりませんが、 それと同時に現場レベルでの対応も喫緊の課題でもあります。 高齢者の生活を支え、又その高齢者を直接支える職員をも支えられる介護保険でなければならないと常日頃感じます。





Copyright (C)行政書士 加藤真吾事務所 CO., LTD. all rights reserved.